大事な頭を支えてくれている首

まず、肩甲骨周りをほぐすことから

ストレッチが肩凝りの解消法、改善法のひとつであるという事は、よく知られている事です。
この、ストレッチで肩凝りが解消されたり改善されたりするのは、肩甲骨周りの筋肉がほぐされ、血行が良くなるためです。
また、血行が良くなるという事は、代謝が良くなったということでもあります。
肩甲骨周りの筋肉がほぐされると、姿勢が良くなるため、肩のラインがスッキリと見えるという嬉しい事もあります。
ストレッチには、ヨガのような本格的な物から、日常の動作を少し変えたり、電車やバスを待つ間でもできるような、簡単な物まで種類は様々あります。
PCの前で長時間の作業をしている人は、できれば1時間から2時間に一度、立ち上がったり、軽く背や足を伸ばすなど、簡単なストレッチでも、全くやらないより効果はあります。
忙しい毎日を過ごしている人でも、ほんのわずかな時間を見つけて、続けてみましょう。

間違いやすいマッサージ効果

マッサージ直後は、スッキリしたと思っていても、翌日には元に戻ったり、マッサージ前よりも痛みや凝りがひどくなったと感じる人も多いでしょう。
なぜ、一度は改善したのに元に戻ってしまうのでしょうか。
原因として考えられるのは、マッサージで凝り固まっている場所を押された時の筋肉が、強く押された事で組織が一時的に壊れ、これを修復しようと血流が一時的に良くなるからだと考えられます。
この、一時的という点で、翌日には元に戻ってしまうのです。
一般的に、マッサージを受けている時の感覚として「痛いけれど気持ちいい」という声をよく聞きます。
しかし、肩凝りを解消するマッサージは、痛みを伴うマッサージではなく、受けている時から心地よく感じるマッサージなのです。


この記事をシェアする