肩凝りの症状は人様々です

立っている時の正しい姿勢

立った時、あなたの手はどの位置にありますか。
手の位置によって、猫背なのか正しい姿勢なのかがわかります。
手が太ももの横に来る人、例えるなら整列する時の「気を付け」の感じです。
手が太ももの横にあり、手のひらが内側に向いている人は、正しい姿勢が取れている人です。
しかし、後ろの方に反っている人は手のひらが内側に向いていても、その位置は太ももよりも後ろの方に、お尻に近い位置にあるので、注意しましょう。
猫背の人は、手が太ももの前に来ています。
両肩の角度が前に向いているので、どうしても手は横にいかず前にきてしまうのです。
肩甲骨を背骨に寄せるイメージで肩を広げ、顎を少しひいてみましょう。
自然と、手は太ももの横に来て、肺も膨らみ呼吸も楽になります。
表情も明るくなりそうですね。

立っている時に注意する事

自分が猫背であるのか、反り気味なのか、しっかりと正しい姿勢なのか、チェックして意識しても、フッと気を抜いた時にでる癖、これもしっかり覚えておきましょう。
人が立っているときの理想的な背骨のカーブは、緩やかなS字カーブだと言われています。
これは、スイカと同じ重さの頭を支える首も同じです。
この緩やかなS字カーブにより、重力に反して立つという状態で体を動かした時に受ける体のショックを受け止める構造になっています。
もし、このS字カーブが左右アンバランスになったら、どうなるのでしょう。
ショルダーバッグを決まった方の肩しか掛けない、立っている時に足を組む、といった癖ありませんか。
これでは、S字が歪んでしまい、体幹も崩れてしまいます。
体幹が崩れると、S字カーブが歪むだけでなく、下腹がポッコリと、体形まで崩れてしまいます。



この記事をシェアする